シナプスイノベーション(藤本繁夫社長)とNTTデータ・ビズインテグラル(堀川雅紀社長)は6月5日、生産管理を中心とする製造業向けソリューション「J WALD(ジェイ バルト)」と、ERPパッケージソフトウェア「Biz∫(ビズインテグラル)」を連携し、製造業の業務プロセス改善に向けた提案を強化することで合意したと発表した。

 シナプスイノベーションのJ WALDは、生産管理、原価管理、販売購買管理機能を備えている。ひとつのシステム環境上で、多種多様な品目、ライン、工場、グループ会社の生産管理などが可能。プロセス系・組立系を問わずあらゆる生産形態にフィットする。一方、NTTデータ・ビズインテグラルのBiz∫は、一般会計をはじめ、債権債務、固定資産、人事給与などの基幹業務アプリケーションを搭載。会計では、複数会計基準、グループ間取引の相殺、外貨・手形など多様な会計処理に対応する。
 
本ソリューションの構成

 今回、両製品を連携して提供するソリューションでは、製造業のグループ経営や複数工場操業での各製造現場の情報(生産状況・原価・販売・購買・在庫など)と会計情報(財務会計・管理会計)、各マスタ情報(取引先など)を連携することができる。また、IoT技術をもとに工場設備のデータを集約し、生産情報と紐づけ・可視化・分析することが可能となる。これらにより、製造業の経営層から製造現場、経理担当までの幅広い業務の効率化・意思決定迅速化を実現する。

 シナプスイノベーションとNTTデータ・ビズインテグラルは今後、連携ソリューションの積極的なマーケティング・提案活動を推進するとともに、顧客のニーズを同ソリューションに反映し、製造業の業務プロセス改善を支援していく方針。