九電グループのQTnet(岩崎和人社長)とキューデンインフォコム(Qic、赤坂英博社長)は6月18日、5月20日に合併契約を締結し、両社の株主総会で承認され、7月1日に合併すると発表した。

QTnetの概要(合併後)

 これまでは、QTnetが通信回線サービスなど、Qicがデータセンター事業などの情報通信事業を通じて、安心・安全・快適なサービスを提供してきた。今回の合併は、競争環境の厳しい情報通信事業分野で、「通信回線サービスとデータセンター事業のトータルソリューション提供などによるグループ一体となった競争力強化」と、「リソースの集中による収益基盤の強化」を目的として実施するもの。

 また、両社の強みを生かし、9月1日には福岡市博多区で新しくデータセンターの運用を開始する。

 今後は、新体制のもと一丸となり、合併による「事業機会の拡大」、「顧客価値の向上」、「技術・営業力の向上」などのシナジー効果を発揮させ、九電グループ情報通信事業を通じて、九電グループ経営ビジョン2030の経営目標達成を目指していく方針。