バラクーダネットワークスジャパン(バラクーダネットワークス、大越大造社長)は7月2日、「Barracuda Advanced Bot Protection」を発売したと発表した。

 Barracuda Advanced Bot Protectionは、AI(人工知能)とML(機械学習)を使用して、最新の自動的な攻撃を防止するソリューション。Barracuda WAF-as-a-ServiceとBarracuda Web Application Firewallの両方のプラットフォームで提供される。

 主な機能として、ボットスパム検出、クレデンシャルスタッフィング対策、リクエストリスクスコアリング、クライアントフィンガープリンティングを実装している。また、AI/MLクラウドレイヤは、インバウンドトラフィックから常に学習し、通常とは異なるアプリケーションアクセスパターンを検出し、クライアントリスクスコアを計算する。