ドローン×画像分析AIで建物劣化診断を行うドローンパイロットエージェンシーは、塗装国内大手のカシワバラ・コーポレーション、B Dash Venturesが運営するファンド、個人投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額5500万円の資金調達を実施した。

ドローンパイロットエージェンシーのドローン事業

 ドローンパイロットエージェンシーは、「働くを『空』から支える」をミッションに2017年11月に設立したベンチャー企業。ドローンと画像分析AIによる劣化診断と、ドローンを活用したソリューション事業を展開している。劣化診断事業では、大規模建造物やインフラ構造物を中心に精緻な劣化状況検出を動画や画像とともに検出できる。
 
劣化診断サービス

 ソリューション事業では、東急リバブルとのあんしん保証における雨漏り検査や、LIFULL Marketing Partners社との全国対応による不動産の空撮プロモーション事業など、さまざまな顧客課題の解決に取り組んでいる。

 今回の資本提携に加えて、マンションの大規模修繕やビルなどの大規模建造物の維持・保全分野で国内リーディングカンパニーであるカシワバラと業務提携した。今後は画像分析AI技術の共同開発、新サービスの開発に取り組んでいく。