A.L.I. Technologies(A.L.I.、片野大輔社長)は、AIエッジコンピューターを搭載した産業用ドローン「A.L.I. Number One」を開発した。

AIを搭載した産業用ドローン「A.L.I. Number One」

 農業や防災など、さまざまな産業領域で期待が高まっているドローン。映像撮影向けドローンだけではなく、産業に則した機能や性能を備えたドローンが求められている。A.L.I.は、分析やアナリティクスができるAIを搭載したドローンが今後求められると考え、ドローンにAIエッジコンピューターを搭載。これにより幅広い産業領域に最新テクノロジーのドローンを使ったソリューションを提供できるようになる。

 A.L.I. Number Oneは、AI推論が可能なエッジコンピューター機能を本体内部に搭載。AIによる解析結果のデータをドローンから直接出力し、ドローン操作者に送信できる。これまでは画像・映像などのデータを一度メモリカードなどのストレージデバイスに保存し、飛行後にデータ解析していたが、ドローンにAI機能を搭載することでこうした段取りが不要になり、またリアルタイムな分析、解析ができるようになる。

 例えば、大型イベント時の不審者検出や災害時の土砂崩れ予測などを上空飛行中のドローンから行うことが可能になる。さらに、A.L.I. Number OneはAI画像解析クラウド「SMARK」に接続することで、さらに高性能な画像解析を行うことができる。