NECは、MCデータプラス(飯田正生代表取締役)の安全書類作成サービス「グリーンサイト」と連携し、スマートデバイスを活用した建設現場の顔認証による入退管理システム「建設現場顔認証forグリーンサイト」を10月から提供する。


 MCデータプラスの「グリーンサイト」は、建設業界の元請会社・協力会社が労務・安全衛生に関する管理書類をクラウド上で簡単に作成・提出・確認することができるサービス。これにNECの顔認証AIエンジン「NeoFace」を組み合わせることで、スマートデバイスを使って作業員の現場入退時に顔認証を行うと同時にGPS位置情報を取得するシステムを構築。誰が、いつ、どこで入退場を行ったかの情報を記録する。

 さらに、「グリーンサイト」に作業員名簿が登録されていれば、作業員個人に割り当てられたQRコードと顔情報の紐づけにより、「グリーンサイト」利用中のどの現場でも顔認証で入退場ができる。

 税別価格は一日あたり30円(1現場で作業員1人が入退場した場合)。さらに2020年9月末までキャンペーン価格として、一日20円で提供する。3年間で1万現場への販売を目指す。