多言語対応コンタクトセンターを運営しているランゲージワン(新井純一社長)は、台風19号で被災された地域の自治体や公共施設などへ緊急災害支援として12カ国語対応の「専用電話および専用メールによる24時間対応の多言語対応通訳サービス」を無償で提供する。

24時間対応の無償サービス受付窓口

 対応言語は、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ロシア語、タガログ語、ベトナム語、ヒンディー語、ネパール語、インドネシア語。