リコー(山下良則社長)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同開発した小型全天球カメラが宇宙船外での360°の全天球静止画・動画の撮影に成功したと発表した。撮影したデータは10月17日に公開した。

撮影された全天球画像(平面図に置き換えたもの)

 使用したカメラは、リコーが市販する小型の全天球カメラ「RICOH THETA(シータ)」をベースに、宇宙空間の温度、放射線など、宇宙環境に耐えられるように開発したもの。民生品の360°カメラが宇宙船外で全天球型の撮影を行ったのは国内で初めてとなる。

 9月25日に打ち上げた宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機で国際宇宙ステーション(ISS)へ送り届けられ、「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームから360°の全天球静止画・動画の撮影を行った。

 撮影した全天球の静止画・動画はJAXA が運営する「JAXA デジタルアーカイブス」(JDA)で公開する。また、リコーが運営するサイト「THETA LAB」にも同様のデータを掲載。webブラウザー上から360°の全方位を自由な視点で視聴できる。また、VRゴーグルを利用すれば、臨場感ある全天球イメージで宇宙空間を疑似体験できる。