日本自動車工業会(豊田章男会長)は、10月24日から11月4日までの12日間、「第46回東京モーターショー2019」を開催する。今年は「OPEN FUTURE」をテーマに、業界を越えて世界7カ国、計185社・団体が出展する。オールインダストリーで「クルマ・バイクのワクワクドキドキ」から「未来の暮らし」「未来の街」まで領域を広げ、未来のモビリティ社会を紹介する。

開催場所

 開催場所は、従来の有明エリアに加え、新たに青海エリア、この二つのエリアをつなぐOPEN ROADまで使い、過去最大規模の面積で開催する。

 有明エリアの「DRIVE PARK」は、クルマやバイクが持つ本来の楽しさ、ワクワクドキドキを体感できるエリア。最新の四輪・二輪車両の試乗体験やステージイベント・デモランなどを実施する。また、国内初のFAI公認のドローンレースも開催する。なお、試乗・同乗体験はチケットが必要。

 「OPEN ROAD」は、青海と有明を結ぶ全長1.5kmにわたるモーターショーのシンボルロード。最新の小型モビリティに乗ったり、普段見ることのできない陸・海・空、さまざまなモビリティも紹介する。

 青海エリアの「FUTURE EXPO」は、近未来を体験できるコーナーだ。NTT、パナソニック、NEC、富士通をはじめとするオリンピック・パラリンピックなど経済界、協議会の企業など、61社の企業・団体が参加し、先進のテクノロジーやサービスの展示や試乗など行う。