アライドテレシス(大嶋章禎社長)とウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)は10月23日、アライドテレシスのSES(Secure Enterprise SDN)とウォッチガードのセキュリティアプライアンス「Fireboxシリーズ」の連携によるSDNソリューションが、東京ビッグサイトで10月27日から11月5日に開催される「第45回東京モーターショー2017(The 45th Tokyo Motor Show 2017)」のプレスセンターに採用されたと発表した。

 今回、プレスセンターに採用されたアライドテレシスのSESは、SDN技術をエンタープライズ市場に適応し、企業向けアプリケーションとネットワークを連携・連動することにより、セキュリティの強化、ネットワーク運用管理にかかる工数削減を実現する。また、ウォッチガードのFireboxシリーズは、ウイルス対策(GatewayAntiVirus)、レピュテーションセキュリティ(Reputation Enabled Defense)、URLフィルタリング(Web Blocker)、標的型攻撃対策(APT Blocker)などの強固なセキュリティ機能群による多層防御を提供する。

 なお、プレスセンターに導入される機器は、「AT-SESC-APL」(SDNコントローラ)1台、「AT-Vista Manager EX」1台、「AT-x510-28GPX」4台、「AT-x930-28GTX」(AMFマスター)1台、「AT-SH230-10GT」(AMFメンバー)35台、「AT-TQ4600」9台、「Firebox M670」3台、「Firebox M570」1台で、これらの構成で、セキュアで安定したネットワーク環境を提供する。