日立物流(中谷康夫社長)とKDDI(高橋誠社長)は、第5世代移動通信システム(5G)を活用した物流の高度化に向けた実証実験を開始することに合意した。


 物流センターでは、労働力不足、EC事業者などの台頭による小口配送需要の増加により、運営の省人化・効率化が課題となっている。また、「高速・大容量、低遅延、多接続」の特性をもつ5Gは、2020年春より商用開始する予定で、物流領域への活用も期待されている。

 日立物流は、19年度よりスタートした中期経営計画「LOGISTEED 2021」のもとで、さまざまなパートナーとの協創活動による「スマートロジスティクス新技術開発と現場への実装加速」を進めている。

 一方、KDDIは、5Gの特性による物流領域における新しい価値創出と、AIによる画像認識技術などを利用した高速で精緻な商品認識により、物流業務の高速化・省人化を実現するソリューションの構築に取り組んでいる。

 両社は、今回の実証実験を通してそれぞれのノウハウを持ち寄り、物流領域での5Gの本格的な導入に向けて、効果的で複合的なソリューションの開発・現場実装を加速していく。

 実証実験は19年11月から20年10月まで実施する。両社は次世代物流センター構築の一環として、5Gの活用による各種センシングやAIによる画像認識技術などを駆使し、作業者一人一人のリアルタイムな動態把握による安全で安心な職場環境の構築に加え、倉庫内のあらゆる状況変化を一元管理、監視して統制することで、物流センター運営全体の最適化を図る。