大阪大学サイバーメディアセンター(CMC)の伊達進准教授らの研究グループとNEC、日本マイクロソフトは、大規模計算機システムであるスーパーコンピューター環境で利用者の計算需要が急激に増加した場合に、パブリッククラウドにオフロードするクラウドバースティングを開発。大阪大学のスーパーコンピューター「OCTOPUS」に実装した。


 OCTOPUSは研究者の需要増大により、計算要求から計算完了までの待ち時間が定常的に長時間になるという課題を抱えていた。これに対し、IaaS型クラウドサービスを利用した解決法が検討されていたが、これまでスーパーコンピューターと民間のクラウドサービスの同時利用は、利用者の管理、計算の管理などに相違があるなど、運用面で課題があった。

 今回、スケジューラと呼ばれるジョブ管理機能、クラウドサービス制御機能の新たな開発を大阪大学とNECで行うことで、大幅なシステム変更・開発を必要とせず、OCTOPUSとクラウドサービスAzureのクラウドバースティング環境が実現した。

 CMCのスーパーコンピューターから、日本マイクロソフトが提供するパブリッククラウドMicrosoft Azureに、クラウドバースティング技術を応用することで、OCTOPUSの負荷をAzure上に構築した計算機資源にオフロードする。

 2019年内にOCTOPUSの利用者である研究者を対象に実証実験を行い、今回構築したOCTOPUS-Azureクラウドバースティング環境での検証を通じて、将来の本格運用に向けた技術課題の抽出を行いつつ、医療データなどの取り扱いを想定したオンプレミス環境とパブリッククラウド環境間でのセキュアなデータ共有についても検証していく。

 今回の研究成果により、OCTOPUSのクラウドバースティング拡張が可能になると、利用者の待ち時間の縮減、ジョブスループットの向上が期待できる。また、研究成果は12月12日から開催する大学ICT推進協議会「2019年度年次大会」で発表する予定だ。