富士通は、理化学研究所と共同開発をしているスーパーコンピューター「富岳」の技術を活用したスーパーコンピューター「PRIMEHPC FX1000(FX1000)」と「PRIMEHPC FX700(FX700)」の販売を11月13日にグローバルで開始した。出荷は2020年3月の予定。

 両製品は、世界で初めてArmRv8-A命令セットアーキテクチャーをスーパーコンピューター向けに拡張した「SVE(Scalable Vector Extension)」を採用したCPU「A64FX」を搭載する。

 A64FXは、省電力のCPU設計を継承しながら高い性能を実現しているほか、高性能積層メモリであるHBM2を採用することで、高いメモリバンド幅を実現する。これにより、ディープラーニングなどで重要となる半精度演算や整数内積演算にも対応でき、AI分野への利用拡大も期待されている。
 
キャプションFX1000

 FX1000は、富岳と同じTofuインターコネクトDをサポートし、複数接続する際のスケーラビリティを最大限に発揮する。ラック当たり最大384ノードという非常に高い実装密度で、最大1.3エクサフロップスを超える理論演算性能を実現する大規模システムを効率的に構築できる。冷却には、水冷方式を採用し、高い性能と、冷却を含めた総エネルギー消費を抑制する。
FX700

 FX700は、InfiniBandをインターコネクトとしてサポートし、HPCミドルウェアにオープンソースソフトウェア(OSS)を活用するなど、スーパーコンピューターシステムにおけるスタンダード技術をベースとする。標準サーバーラックに搭載できるきょう体、空冷方式を採用した、導入しやすいモデルだ。