NEC(新野隆社長兼CEO)は12月17日、課題解決型AI教育を実現するPBL(Project Based Learning=自ら問題を発見し、解決する能力を養う教育手法)を担う講師を養成する「PBL導入プログラム」を2020年7月から提供すると発表した。課題解決型AI教育を行う大学と高等専門学校を対象とし、3年間で国内70校への提供を目指す。

 PBL導入プログラムは、大学生・高等専門学生向けにPBLを実施するための講師を養成する研修プログラム。AIに関する専門知識、データ利活用事例、データ利活用プロセスなどPBLを実施するために必要な知識を習得するためのカリキュラムから構成され、全国8カ所で年2回(期間:3カ月間、42時間)開催する。
 
NECアカデミー for AI ウェブサイト

 同プログラムで使用するPBL教材は、滋賀大学データサイエンス学部、横浜市立大学データサイエンス学部の協力のもと、「NECアカデミー for AI」で開発を行う。また演習環境として、データ分析を行うためのクラウド環境も提供する。

 NECは、13年からAI・アナリティクス人材育成に関する取り組みを始め、数多くのAI人材を育成してきた。今年4月に開講したNECアカデミー for AIでは、社会人を中心に約4000人の受講実績がある。こうした取り組みの中で培ってきた育成メソドロジーを大学・大学院や産業界に還元し、年間約50万人の大学生・高等専門学生向け課題解決型AI教育の実現を支援する。

 NECでは、「2020中期経営計画」でAI・IoTなどのデジタル技術を活用したサービス型ビジネスを推進している。課題解決型AI教育を実現するためのPBL導入プログラムの提供は、こうした取り組みの一環で、今回のようなAI人材育成を通じて、顧客との共創を通じた企業・社会のデジタルトランスフォーメーションに貢献していく考え。