ウイングアーク1st(田中潤社長)は、帳票基盤ソリューションの新バージョン「SVF Ver.10.0」を12月2日に発売した。

 SVF Ver.10.0は、「未来の帳票」を開発コンセプトとし、SVFの特徴である安定性や信頼性をさらに高め、大量な帳票出力に対するスケーラビリティと文書を閲覧する多様なデバイスに対応した。また、10年の「Ver.9.0」の発売以来となる今回のメジャーバージョンでは、SVFのシンボルロゴを刷新し、主要製品をパッケージしたSUITE製品群を提供する。

 主な機能強化ポイントは、Excelファイルを直接SVFの設計ファイルとして利用することで、帳票デザインの難易度を大幅に下げ、電子ファイルによる業務範囲を拡大する。また、HTML5に対応しウェブブラウザで表示できるようになり、スマートフォン、タブレットなどのさまざまな閲覧環境での閲覧・再加工が可能となった。

 RDEサーバーの負荷を分散することでスループットを向上し、大量データ出力時のスケーラビリティと高い可用性を提供する。さらに、印刷と保管を同時に実現することで、電子データ対応の課題を解決する。

 「SVF Ver10.0 SUITE」では、製品を選択しやすくすることを目的に、「PDF系」「基盤系」「印刷系」「ファイル出力系」の分類で4つのSUITE製品を新たに提供する。

 「SVF PDF Enterprise」は、高精度・高パフォーマンスで各種クライアント端末による出力・閲覧などさまざまなビジネス要件を満たした帳票のPDF化によって本格的なウェブ帳票運用を実現する。

 「RDE SUITE」は、基幹システムのミッションクリティカルな全社帳票運用を実現する。分散された帳票運用を一極集中管理して、帳票出力環境を標準化・共通化・一元化できる。

 「SVF Print SUITE」は、主要プリンタ各社の制御コードにより、各種ラベルプリンタを含む固有のプリンタに依存しない帳票高速印刷を実現する。

 「SVF File SUITE」は、印刷データをExcel・CSV・TIFFなど各種ファイル形式で出力することができる。帳票の二次加工や各種システム連携など自由度の高い帳票運用を実現する。