キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ、坂田正弘社長)は12月19日、ネットワークカメラの映像から群衆人数をカウントできる機能や、カウントした人数データをグラフ化する機能を備えた映像解析ソフトウェア「People Counter Pro」を12月下旬に発売すると発表した。価格は個別見積もり。

数千人規模の群衆を映像からカウントできる

 近年、ネットワークカメラで撮影した映像の活用が進んでおり、日本国内では、大規模イベントなどの多くの人が密集する環境での人数や、自然災害発生時に施設内にいる人数を把握したいというニーズが拡大している。今回、こうしたニーズに応え、ネットワークカメラの映像の中から約1500人までの人数をカウントできる映像解析ソフトウェア「People Counter」(16年12月発売)の機能を拡充し、新たにPeople Counter Proとして発売する。

 People Counter Proは、これまで提供してきた「エリア人数カウント」「通過人数カウント」機能に加え、キヤノンが開発したディープラーニングを用いて群衆人数を算出する映像解析技術を生かし、数千人規模の群衆人数をカウントできる機能「群衆人数カウント」や、カウントした人数データをグラフ化する機能「Data Dashboard」などを拡充した。

 同社では、ネットワークカメラとPeople Counter Proを組み合わせた映像解析ソリューションを、公共施設をはじめ、複合商業施設やレジャー施設、スタジアムや空港などに提案していく考え。