NEC(新野隆社長兼CEO)は12月23日、店舗内に設置したカメラや画像認識技術などを組み合わせることで、商品をレジに通さず自動で決済可能なレジレス型の店舗を20年2月に本社ビル内にオープンすると発表した。

NEC SMART STORE 外観
 
 NECは、小売業向けに「Smart Retail CX」のコンセプトのもと、消費者行動の変化、そして急速に進む労働力不足といった課題に取り組んでいる。現在、快適で心地よい顧客体験を生み出し続ける店舗運営を実現するための技術、ソリューション、サービスの体系化を進めており、その一部を今回の店舗に実装した。

 同店舗は、購入したい商品を手に取った後、商品をレジに通すことなくそのまま退店するだけで決済可能なレジレス型の店舗。退店と同時に決済が行われ給与システムと連動し精算される。これにより、店舗側はレジ人員の人手不足を解消できることに加え、利用者は商品スキャンによるレジ待ち時間の短縮が可能。
 
NEC SMART STORE 店舗内の様子

 なお、同店舗はNECが小売業向けに構築した売上管理、顧客管理などの店舗システムと、Cloudpickが実現するセンサーからのデータ解析システムを連携することで実現している。

 今後、社員証による入店管理に加え、NECの生体認証「Bio-IDiom」の中核技術であり、高い認証精度をもつ顔認証AIエンジン「NeoFace」を活用した顔認証による入店管理を予定している。また、給与天引きの決済に加え、クレジットカードや各種電子マネーと連携した決済を順次実現していく予定。

 NECでは、同店舗での運用ノウハウを生かし、20年度中に省人化店舗を実現するソリューションの提供を目指すとともに、今後も国内・海外の小売業のデジタルトランスフォーメーション実現に向け、さまざまな企業と連携しエコシステムを構築していく方針。