NEC(新野隆社長兼CEO)は12月20日、複雑化する社会課題解決に向けて、NECベクトル型スーパーコンピューター「SX-Aurora TSUBASA」を活用したアニーリングマシンの活用も含む組み合わせ最適化問題を解決するための共創サービスを、2020年度第1四半期に提供すると発表した。また、量子コンピューティングに関する活動を加速するため、顧客との共同実証を通じた用途開発と技術開発を推進し、人材育成を行う「量子コンピューティング推進室」を20年1月に新設する。

量子コンピュータのイメージ

 今回の共創サービスでは、NECが新たに開発したシミュレーテッド・アニーリング(SA)マシンを活用する。SAマシンは、アニーリング処理に適した独自開発のアルゴリズムを組み込んだソフトウェアとベクトルコンピューターを組み合わせた、超高速に処理が可能なアニーリングマシン。

 独自アルゴリズムは、組み合わせ最適化問題を解決するために必要な諸条件を満たす状態を集中的に探索することができるという特徴をもち、スーパーコンピューター上でSAマシンとして動作する。ハードウェアとミドルウェアには、すでに実績のあるスーパーコンピューターSX-Aurora TSUBASAを利用するため、ビッグデータ・AIと容易に連携することができる。なお、同マシンをNEC社内で活用した結果、従来のSAシステムに比べ300倍以上高速に計算できることを確認した。

 複雑化する社会課題に対し、これまで解けなかった問題を高速で解く量子コンピューティングへの期待が高まっているなか、NECでは今回、新たに課題解決の実証環境として共創サービスを提供することで、顧客とともに課題解決へ挑戦し、23年の量子コンピューターの実用化を目指していく方針。