NTTドコモ(ドコモ、吉澤和弘社長)とエッジコンピューティングを提供する米MobiledgeXは1月8日、幅広いパートナーとともに5Gソリューションをグローバルに展開することを目指し、MEC(マルチアクセスエッジコンピューティング)を活用したアプリケーションを迅速・容易にグローバルに配信できるソリューションの実証実験を1月22日から実施すると発表した。

ARアプリケーションの利用イメージ

 5Gソリューションの創出に向け、ネットワークの伝送遅延の低減とセキュアなクラウド環境を実現するMECの活用が期待されている。ドコモは、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加している企業・団体向けに、MECの特徴をもつ「ドコモオープンイノベーションクラウド(dOIC)」を提供している。パートナーのグローバル進出にともない、国内で開発されたMECを活用したソリューションを海外に展開するニーズが見込まれている。しかし、各国の通信事業者に配置されたMECを利用するためには、MECの利用条件やシステムの可用性などを、個別に確認・検証する必要があるという課題を抱えている。

 MobiledgeXは、MECを活用したアプリケーションを管理するポータルサイトを保持し、各国の通信事業者のネットワーク内にあるMECと接続することで、アプリケーションをそれぞれのMECへ配信するソリューションを提供している。アプリケーションをグローバルに配信したい国内の企業は、このソリューションを利用することで各国の通信事業者とMECの利用条件やシステムの可用性などを個別確認・検証する必要がなく、アプリケーションを迅速・容易に配信することができるようになる。

 今回の実証実験では、MobiledgeXとドコモが協力し、ドコモのdOICに、アプリケーションを配信する実証実験を実施する。具体的には、ポーランドの企業1000 realitiesが提供するARアプリケーションを配信し、5G・LTE網を介して正常に利用できるかなどを、丹青社、DOCOMO Innovationsとともに検証する。

 今後も両社は、国内外のパートナーとの連携により、5G時代の新たなソリューション創出を加速し、グローバルマーケットに提供していく方針。