H2L(岩崎健一郎代表取締役)とNTTドコモ(吉澤和弘社長)は1月10日、H2Lが提供する「BodySharing技術」の新技術として、自分の顔に他者の口の動きと顔の表情をリアルタイムに再現する「Face Sharing」を共同開発したと発表した。

「Face Sharing」の使用イメージ

 新技術を活用することで他者に代わって自分が会話をすることや、他者の口の動かし方を実際に体験できるようになるため、遠隔からサポートを受けながら外国語での会話や専門的な知識が必要な会話などを行うことが可能となる。

 同技術は、頬に装着したデバイスから口周りの筋肉に電気刺激を与えて収縮させることで、他者の口の動きやAIが指定する口の動きを再現する技術。複数のデバイスを用いることで、一人の口の動きを複数人に同時に再現することもできる。

 さらに、他者の顔の3D映像を自分に投影することで顔の表情を再現し、スピーカーを使用して他者の音声を再生することで声も再現できる。

 将来的には、口の動かし方の伝達が難しい外国語の発音や演技などを直接口を動かして伝えることを目指す。

 また、新技術を高速・大容量、低遅延、多数接続の特徴をもつ5Gと組み合わせることで、遠く離れた場所でも他者の口の動きや顔の表情をリアルタイムに再現することや、より多くの人数で同時に同一の体験を共有することが期待できる。

 H2LとNTTドコモは今後も、Face SharingとBodySharing技術の研究開発を推進し、身体全体への拡張を含めた検討を進めていく方針。