オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は1月24日、「申告奉行クラウド[法人税・地方税編]Sシステム」を1月27日に発売すると発表した。

 申告奉行クラウド[法人税・地方税編]Sシステムは、大法人の申告業務要件に対応し、申告書作成から電子申告に至るまで申告業務全体の生産性を大幅に向上するクラウド申告業務サービス。企業規模が大きくなるほど業務負荷が増加していた申告業務で、複数名での同時処理に対応し、入力作業の負荷分散やリアルタイムに相互チェックが可能となる。さらに、税理士・会計士といった税務の専門家と一緒に業務を行える「専門家ライセンス」を標準提供し、レビューでの税理士へのデータのやり取りも一切不要となる。

 また、「勘定奉行クラウド」「固定資産奉行クラウド」「申告奉行クラウド[内訳書・概況書編]」とのデータ連携で、消費税申告書・償却資産税申告・勘定科目内訳明細書・会社事業概況書など、税務申告に必要な帳票を一括で電子申告を行え、より生産性を高めることができる。

 税別価格は、1ライセンス年額24万円から。初期費用として別途7万円が必要となる。