東芝情報システム(渡邉一正社長)は1月27日、トリップワイヤ・ジャパン(TAN Aik-Hong代表)のディストリビューターとして、産業用制御システムのセキュリティツール「Tripwire Industrial Visibility」の販売を1月に開始したと発表した。

 Tripwire Industrial Visibilityは、ITとOTを区別することなく企業内の情報資産を洗い出し、IEC62443やNISTといった産業系セキュリティの国際基準に準拠した運用をサポートする。また、ファームウェアやデバイスの脆弱性とセキュリティリスクを評価することができるため、専門知識を必要とせずにネットワークマップの作成やICSネットワーク内での異常を簡単に視覚的に特定することができる。

 さらに、機械学習を使用した脅威に対するモニタリング分析により、通常のふるまいと通常のネットワークトラフィックパターンのベースラインを作成し、そこから逸脱した場合には管理者に警告が可能となる。

 東芝情報システムは、98年からトリップワイヤ・ジャパンの製品を取り扱うディストリビューターで、多くの導入実績と高い技術力をもっている。長年培ったシステム開発の導入・運用やセキュリティ対策製品の取り扱い・導入経験を元に、安心・安全な社会の実現を目指し、セキュリティ全般にわたるサービス、ソリューションを提供していく考え。