KeyPerson

四つの注力分野でビジネスを伸ばす

東芝情報システム 社長 恩地和明

取材・文/安藤章司 撮影/横関一浩

2013/03/14 19:37

恩地 和明

週刊BCN 2013年03月11日vol.1472掲載

 東芝ソリューション(TSOL)グループの東芝情報システムは、組み込みソフト開発とシステム構築(SI)、LSI、医療・介護の四つの注力分野でビジネスを伸ばす。苦戦が続いた組み込みとLSIだが、前者はスマートデバイスとホームエネルギー管理システム(HEMS)の連携や、自動車用の制御ユニット(ECU)領域などで発展させ、後者は製造中止になったLSIの再生サービスなどを足がかりとして、再び拡大基調への転換を図る。基幹系バックエンドシステム開発の強みを織り交ぜながら、TSOLグループ最大のSIerとしての存在感を一段と高めていく。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

東芝情報システム ヘルスケア事業を3倍へ 周辺分野との連携加速

外部リンク

東芝情報システム=http://www.tjsys.co.jp/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>