アイ・ティ・アール(ITR、三浦元裕代表取締役)は1月31日、国内クラウドベースのID管理サービスであるIDaaS(Identity as a Service)市場規模推移と予測を発表した。

 国内IDaaS市場の18年度の売上金額は21億円、前年度比43.8%増と拡大した。企業でのクラウドシフトが加速していることや、参入ベンダーがクラウドアプリケーションと組み合わせた提案を行っていることなどが主な理由となる。また、従来IDM/IAMパッケージ製品を提供していたベンダーがIDaaSの提供にシフトする傾向が強まっていること、中堅・中小企業でも導入が容易であることなどから、19年度も同38.6%増の高成長を維持すると予測している。
 
IDaaS市場規模の推移と予測(2017~18年度は実績、19年度以降は予測)

 シニア・アナリストの藤俊満氏は、「社内システムのクラウドサービス化が進んでいることから、利用するクラウドサービスごとのIDをクラウド上でまとめて管理できるIDaaSのニーズが高まっている。とくに期初に発生する人事異動では、膨大な異動者のIDと所属組織情報、アクセス権のメンテナンスが必要となるが、IDaaSが提供するIDプロビジョニング機能やIDフェデレーション機能を利用することで、大幅な効率化が期待できる」とコメントしている。