富士キメラ総研は2月28日、第5世代移動通信システム(5G)の世界市場を対象に調査を実施し、結果を「5G通信を実現するコアテクノロジーの将来展望 2020」として公表した。25年の5G基地局の世界市場は、18年比3倍の11兆3530億円規模になる見通し。

基地局の世界市場(出典:富士キメラ総研)

 調査結果によると、19年の5G基地局の世界市場は、LTE向け投資が減少するものの、5G通信向けや5G通信を見据えた投資が始まったことにより、18年比21.1%増の4兆6380億円になる見込み。5G通信向け投資は今後、本格化するという。

 5Gスマートフォンの世界市場は、19年が880万台、25年が9億台で推移すると予測されている。20年は一時的に買い替えの促進が期待されるが、ミリ波を利用できる国が限定的であることなどから、対応機種は大きく増加しないとみられる。メーカー別では、2万円台から4万円台の機種を投入している中国メーカーが目立っている。

 調査は19年8月~11月に実施した。期間中、富士キメラ総研の専門調査員が関連企業にヒアリングを実施したほか、関連文献やデータベースを活用して市場の動向を分析した。