サイボウズ(青野慶久社長)は3月11日、新型コロナウイルス感染症対策に関するさまざまな情報を集約する基盤として「kintone」を神奈川県に無償提供したことを発表した。

kintoneで集約している情報

 神奈川県 新型コロナウイルス感染症対策本部では、kintoneを情報集約、情報共有、モニタリング基盤(Corona Monitoring Board Kanagawa)として活用している。具体的には、神奈川県が組織ごとにもっていた情報をkintoneにまとめることで大幅に生産性を向上した。

 県内病院の診療状況をはじめ、帰国者・接触者相談センターからの情報などをタイムリーにkintone上で集約しており、県庁内にとどまらずリモートワーク中の職員とも作業分担しながら進めることが可能となった。また、戦略的モニタリング基盤の役割をkintoneが担っており、神奈川県、保健福祉事務所、政令市などと適宜情報を共有して、組織間連携を図っている。

 なお、kintoneによって収集された一部公開可能な情報は、東京都のオープンデータを活用した、神奈川県版「新型コロナウイルス感染症対策サイト」に公開し、県民が医療機関の状況や県内の最新感染動向を把握できるようになっている。

 サイボウズ災害支援チームは、これらの情報収集と共有の仕組みが、その他の自治体で活用され、新型コロナウイルス感染症対策の情報を必要としている全国各地に迅速に届くように協力していく考え。