サイボウズ(青野慶久社長)は3月13日、日本空港ビルデング(横田信秋社長)の羽田空港旅客ターミナルの国内線・国際線システム統合にともなう館内オペレーションとして、3月14日から業務改善クラウドツール「kintone(キントーン)」の導入が決定したと発表した。

kintone導入前後の羽田空港旅客ターミナルでのオペレーション

 羽田空港旅客ターミナルでは、第2ターミナル国際化にともなう国内・国際の情報の統合化ツールとしてkintoneを採用し、コンシェルジュやテナントの管理者など多くの関係者が情報管理を安全・効率的に行うことで、空港全体のサービスの向上を目指す。

 具体的には、「遺失物管理」「介助手配」「苦情要望」などでkintoneを活用する予定。遺失物管理の使用例としては、発見した遺失物の詳細と写真をあわせてkintoneの遺失物管理アプリに登録する。空港内関係者は時間や場所を問わず、スマートフォンやタブレットから遺失物管理用データベースにアクセスできるようになり、顧客への対応を今までよりもスピーディーに行うことが可能となる。

 サイボウズでは今後、同等の課題をもつ空港や大型商業施設でも、チームワークを生かしたkintoneの展開を進めていく考え。