独ポルシェは3月19日、新型コロナウイルスの影響により2週間生産を停止すると発表した。

ポルシェのエンブレム

 ポルシェは、このステップによって、コロナウイルスの感染率の大幅な加速と関係当局によって実施される対策に対応する。今回の決定は、全従業員の保護に加え、グローバルサプライチェーンの供給不足によって通常の生産ができない状況を受けて決断したもの。同社では、これらの決定によって需要の減少に備えて財務力を守る。

 生産停止にともない、ツッフェンハウゼンの主要工場とライプツィヒの生産拠点を3月21日に閉鎖した。これらのステップは、秩序立ったプロセスに従い、労使協議会と緊密に協力しながら行われた。

 なお、同社は、生産の一時停止に加えて、出張の禁止、「テレワーク」の大幅な拡張、オンラインまたは電話による会議など、多数の強化対策を決定している。