富士通フロンテック(川上博矛社長)の100%子会社である米Fujitsu Frontech North America(FFNA)は4月3日、全米で生体認証ソリューションを展開する米Fulcrum Biometrics(Fulcrum)を買収したと発表した。

米Fulcrum BiometricsのWebサイト

 Fulcrumは、02年に設立し、北米で政府、金融、小売り、医療、法執行機関など、さまざまな業種向けに指紋や顔、手のひら静脈などの生体認証を利用した認証ソリューションを提供している。また、北米以外の市場についても、投票者登録システムや金融機関向けソリューションなど、多様なアプリケーションに生体認証を統合するノウハウと実績をもっている。

 現在北米では、犯罪記録や身元調査記録の確認、特定職種への応募や銃器購入の際にLive Scanシステムの利用が拡大している。また、金融機関で複数要素による本人認証が州により義務づけられたり、医療機関が患者情報を共有できる基盤整備が連邦法で定められたりするなど、より高度な本人認証が必要となり、生体認証市場のさらなる拡大が見込まれている。

 今回の買収で、高度なセキュリティ、非接触で衛生的、快適な操作性を実現する富士通フロンテックの手のひら静脈認証センサーと、Fulcrumがもつマルチモーダル生体認証対応の認証ソリューションを組み合わせることで、高精度・高セキュリティな本人認証の提供が可能となる。これにより、業務システムの利用者や日々の市民生活にまで安全・安心な認証環境を提供する生体認証ソリューションビジネスをグローバルに拡大していく方針。