アイ・ティ・アール(ITR、三浦元裕代表取締役)は4月9日、国内のRDBMS市場規模推移と予測を発表した。

RDBMS市場規模推移および予測

 国内RDBMS市場の18年度の売上金額は1200億円、前年度比16.2%増と高い伸びとなった。マイクロソフトとAmazon Web Servicesの高成長が市場をけん引している。また、Windows Server 2008のサポート切れに伴うPCサーバーの出荷台数の増加、DBMSの買い替え需要の拡大が背景にある。19年度は、やや伸び率が下がるものの11.6%増と堅調な伸びを見込んでいる。

 市場をパッケージとSaaSの提供形態別に分類して見ると、SaaS市場の18年度の売上金額は120億円と、パッケージ市場に比べて市場規模はまだ小さいものの、ここ数年急速な成長率を維持している。19年度以降もSaaS市場は高成長を維持し、パッケージ市場のCAGR(18-23年度)が5.3%であるのに対し、SaaS市場は43.5%、23年度には730億円に達すると予想している。

 ITRのリサーチ・フェローである平井明夫氏は、「SaaS市場の高成長は、IT市場全般に見られるクラウドシフトの流れに沿っているだけではなく、主要なクラウドベンダーが相次いで国内にデータセンターを開設したことで、重要なデータを含むデータベースを海外移転することなく、国内で運用することが可能になったことも一つの要因であると考えている」とコメントしている。

 なお、今回の発表は、ITRが発行する市場調査レポート「ITR Market View:DBMS/BI市場2020」に詳細を掲載している。RDBMS、DBMSアプライアンス、データ分析/レポーティング、DWH(データウェアハウス)用DBMS、データ・マイニング、データ・マネジメント市場の国内全39ベンダーへの調査に基づいた17~18年度の売上実績と23年度までの売上予測を掲載している。