東芝(車谷暢昭社長)は4月16日、政府によるさらなる外出自粛要請を受け、支社、支店、営業所、工場などを含む同社グループの国内拠点で、主に東京オリンピック時に予定していた休日を前倒しすることで、4月の営業日を短縮すると発表した。

東芝のWebサイト

 従来営業日の4月20日から24日、27日、28日を休日振替により休日とし、4月の営業を4月17日まで、5月の営業開始を5月7日からとする。対象となる拠点は、東芝グループの支社、支店、営業所、工場などを含む国内拠点。これにより、国内グループ全体として最大限の接触削減を目指す。

 なお、東芝グループは、生活の基盤となる社会のインフラ事業をはじめ、社会活動の維持に必要な事業やサービスなどを多く営んでいる。これらの供給責任や社会的責任を果たすため、顧客、顧客先への納入、保守、サービスに関する業務、社会活動などの維持に必要な事業については、顧客と協議して、さらなる感染リスク軽減策を講じたうえで、必要な範囲で活動を継続し、その責任を果たしていく考え。