グリッド(曽我部完代表取締役)は4月20日、AI開発プラットフォーム「ReNom(リノーム)」の画像認識アプリケーションの最新版「ReNomIMG(リノームイメージ)version3.0」をリリースしたと発表した。また、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う外出自粛要請を受けて、テレワーク支援の一環として企業を対象に期間限定で無償提供する。

メイン画面

 ReNomIMGは、画像認識モデルの開発をサポートするツール。今回の最新版では、製品コンセプトである「現場主導のAI開発」をさらに加速させ、プログラミングやデータサイエンスのスキルがなくても、直観的な操作で業務課題に適したAI開発ができるよう、分かりやすく簡単に操作できるよう刷新した。

 画面は、AIの専門知識がなくても違和感なく使えるように分かりやすくデザインし、多くの要望があった専門用語の注釈を充実したほか、複数部署/複数人数による開発を進められるようモデル管理機能を拡充した。

 データのラベル付けから精度検証まで一つのアプリケーションでスムーズに操作でき、複数のアルゴリズムを簡単なマウス操作だけで選択、精度を比較することもできる。また、フレームワーク機能とも完全に統合したことで、最先端アルゴリズムの実装を今後さらに加速していく予定。

 なお、ReNomIMG version3.0を、新型コロナウイルス対策によって増加する在宅時間を有意義に活用してもらうため、新規の顧客限定で、企業を対象に無償でトライアル提供する。本来AI開発環境に必要なGPUもクラウドサービスを通じて無償提供し、自宅から本格的な画像認識モデル開発を期間内であればいつでも、何度でも行うことができる。

 さらに、4月23日から、AIの活用を検討している顧客の悩みに応え、AI知識の基礎や、AIで解析可能なテーマの考え方、現場への本格導入のコツまで、幅広くカバーしたオンラインセミナーも開催する。ReNomのトライアルやセミナーを通じ、AI導入のための基礎知識や、勘どころを身につけることができる。