サイボウズ(青野慶久社長)は4月22日、大阪府(吉村洋文知事)と連携し、業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」を活用した「新型コロナウイルス対応状況管理システム」を作成したと発表した。

大阪府が作成した新型コロナウイルス対応状況管理システムの概要図

 作成したシステムは、新型コロナウイルス感染症患者の健康状態などの把握や各種情報の集計を効率化することが可能。トヨクモ(山本裕次社長)が提供する「フォームブリッジ」「kViewer」を用い、患者がスマートフォンなどで簡単に自身の健康状態を報告できる。また、送信する報告はkintoneのデータベースに自動的に蓄積されるため、メールの送受信やエクセルファイルの転記など集計業務の手間を削減することが可能。大阪府、府内の各市、府市が管轄する保健所が同システムを共同利用することで、関係機関の大幅な業務効率化を実現する。

 また、大阪府では、同様の課題を抱えている全国の自治体を支援するため、大阪府モデルのシステムをテンプレート化し、要望があった自治体に対して提供を開始する。サイボウズからは「飲食店テイクアウト情報共有システム」など、新型コロナウイルス感染症に対応するうえで活用できる各種テンプレートを自治体に提供する。さらに、これらのテンプレートを利用して業務のシステム化を目指す自治体に対し、サイボウズ社員が設定サポートなどの導入支援を行う。