サイボウズ(青野慶久社長)と兵庫県加古川市(岡田康裕市長)は4月21日、トヨクモ(山本裕次社長)、フューチャーリンクネットワーク(石井丈晴社長)と共同で、新型コロナウイルス感染症対策の一環として、市のGISを活用し市内飲食店のテイクアウト情報を統合オープンデータ基盤に集約し、市民の行動変容を促すことで市内飲食業を支援することを発表した。


 全国的な新型コロナウイルス感染症の広がりによって外食産業は大きな打撃を受けており、外食ができなくなった共働き世帯や高齢者世帯にも負担やストレスとなっている。加古川商工会議所と市は、これに対する支援として、テイクアウト可能な飲食店の情報を共同で一挙に集約し、市民に広く提供する。

 加古川市では、ハザードマップなどの災害対策、見守りカメラ、介護事業所など市民生活に欠かせない情報を1枚の地図上に表現して選択できる「行政情報ダッシュボード」を構築しており、今回はこれを活用し、テイクアウト可能な飲食店の最新情報が掲載できる仕組みを構築した。

 緊急の対策のため、市職員がオープンデータ用にデータベースを開発できるシステムとしてサイボウズの業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」を採用。また、飲食店が自らスマートフォンで店の情報を入力できるよう加古川商工会議所が収集する方法に加えて、トヨクモのフォームブリッジを使ってkintoneにデータを送る仕組みを構築した。kintoneに蓄積された飲食店のデータは、フューチャーリンクネットワークによってオープンデータ化され、行政情報ダッシュボード上に自動で反映していく。

 この組み合わせと各社の感染症対策支援によって、決定から情報集約、公開まで約2週間というスピードでマップの公開を実現した。

 これにより市民は、加古川市のオープンデータカタログサイトから、テイクアウトできる店を探すことが可能となり、また、テイクアウトを始めた飲食店はその情報を近くに住む市民に知らせることが可能となった。

 市では今後このスキームを利用して、職場や家庭環境の変化によりニーズが発生している他分野にも迅速に情報提供を行い、地図に表示することで市民がすぐ利用できるようにする予定。サイボウズは、引き続きこれらの取り組み支援し、新型コロナウイルス感染症対策で生活環境が激変する市民へ最新の情報を提供できるようサポートしていく考え。