NTTコミュニケーションズ(NTT Com、庄司哲也社長)は、AIによって長い文章から自然な要約文を自動生成する「COTOHA Summarize」の提供を4月23日に開始した。

演・演説などの音声データから自動で要約文を作成するイメージ

 COTOHA Summarizeは、NTT Comの自然言語解析AI「COTOHA」シリーズの要約サービス。原文からの文章抽出だけでなく、自然な要約文を生成することで、情報の効果的なインプットを実現する。今回、「COTOHA API」として先行提供中のAPIに加え、さまざまな利用シーンですぐ活用できる状態にプリセットしたツールを提供することで、COTOHAシリーズによるデジタルトランスフォーメーション(DX)の可能性を広げていく。

 COTOHA Summarizeでは、ウェブページやビジネス文書などの文章を入力すると、指定した文字数に近い長さの要約文を作成することができる。日本語に加えて、英語の要約も可能。元の文章から重要な文章を抽出するだけでなく、抽出した結果を自然な要約文として自動生成できる。要約文の自動生成機能の商用提供は日本で初めて。さらに、NTT研究所によるAI技術の研究成果を活用しており、要約評価指標の「Rouge」スコアで世界最高レベルの要約精度を達成している。

 また、利用シーンに応じてすぐに活用できるツール(プログラム)として、「閲覧しているウェブサイトの内容を要約するツール」「社内で利用するビジネス文書を要約するツール」「RPAと連携し、情報を自動収集して要約するツール」「講演・演説などの音声データから自動で要約文を作成するツール」を提供する。ツールの種類は、今後追加していく予定。

 税別価格は初期費用が無料、月額費用が13万円。原文約520万字までの要約が可能で、利用開始月を含む3カ月間の料金は無料となる。