SCSK(谷原徹社長)は5月25日、BLE(Bluetooth Low Energy)タグとIoTネットワークを使用して、働き方の見える化を支援する「CollaboView(コラボビュー)」のサービスを5月29日に開始すると発表した。

「CollaboView」のサービス構成図

 CollaboViewは、BLEタグと独自のIoTネットワークでオフィスの人・モノの位置情報を収集し、オフィスで働く人と環境を見える化するサービス。探したい相手がどこにいるか、フロアマップに表示することで、タイムリーなコミュニケーションを実現する。探したい社員の予定と位置を確認して、電話・メール・チャットで連絡が可能。また、探したい社員が席に戻ったことをメールで受信できる。

 働き方の見える化としては、サテライトオフィスやリモートワークで働く社員の状況を確認でき、コミュニケーションにつなげることが可能。社員の入退室時間を自動的に記録するため、勤怠状況を簡単に把握できる。また、自由な働き方だからこそ見えにくい勤務状況も確認でき、サービス残業の防止に役立てられる。災害時にもオフィスの避難状況が確認できる。

 オフィスの有効利用では、フリーアドレス席や会議室、オフィスのエリアごとの利用状況などを分析し、レイアウト改善に活用できる。また、会議室が予約通りに利用されているか把握し、オフィス空間の有効利用を促進する。さらに、温度、湿度、騒音、照度、気積などのデータを収集・分析し、安全保安基準をクリアしているか把握するとともに、従業員が働きやすい環境づくりを支援する。備品にタグを付けることで、備品の所在も確認できる。

 クラウドサービスのため、場所を選ばず、多拠点間でも利用可能。ネットワーク設定が不要で、タグと中継器が届いたその日からデータ収集を開始できる。さらに、使い慣れたMicrosoft製品(Microsoft 365)とも連携を行い、働き方改革を推進している企業に向け、月額利用料金でサービスを開始する。

 税別価格は、基本プラン(200タグ)で月額38万5000円から。今後、CollaboViewは、人事系システムとシームレスに連携することで、社員の働き方をサポートしていく。また、他の製品サービスとのコラボレーションなどを通じてさらなるバージョンアップを予定している。