アルテリア・ネットワークス(株本幸二社長)とSCSK(谷原徹社長)は、SCSKが運営するデータセンター「netXDC 千葉センター」内に、最大100Gbpsの専用線設備を新設し、4月7日から、データセンターサービス提供のアライアンスを強化した。


 netXDC 千葉センターが立地する印西エリアは、強固な地盤で構成される洪積台地で近隣に主要活断層が存在せず、東京湾からの距離が約20km離れている。そのため、地震や水害などの自然災害リスクが極めて低く、また成田空港が近くアクセスが良好なことから、外資系大手IT企業や、大手システムインテグレーター、データセンター事業者などの巨大データセンターが集積し、注目が集まっている。

 アルテリア・ネットワークスは今回、データトラフィックの増加にともなう広帯域の接続需要に対応するため、netXDC 千葉センターに最大100Gbps専用線設備を新設した。これにより、低遅延・高品質な最大100Gbps専用線サービス「ダイナイーサ」が短納期で利用可能となる。

 また、netXDC 千葉センターから東京都内に位置するアルテリア・ネットワークスのデータセンター「ComSpace I」間は最短距離で、低遅延・スムーズな接続が可能。さらに、主要な海底ケーブルの終端である陸揚局が集中している千葉県南房総エリアと茨城県県北エリアへ容易に接続可能なため、海外の広帯域・低遅延の接続ニーズに短納期で対応する。

 今後、アルテリア・ネットワークスとSCSKの両社が協力することで、安全性・利便性が高いデータセンターから、さまざまな接続ニーズを実現するネットワークまで、高品質なサービスを顧客の要望に合わせた最適な環境で利用可能となる。