NTTデータ(本間洋社長)は6月4日、世界的な新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大を受け、医療機関への貢献を目的に、提供中の医療機関向けのソリューションのうち、もっとも迅速に実現可能で、即応性の高いものに対して集中的にリソースを投下しグローバルで機能強化を図ると発表した。

NTTデータのAI画像診断支援ソリューション

 COVID-19の感染拡大が医療全体に大きな負担をかけているなか、NTTデータでは今回、医療機関、政府機関などを支援するため、同社の海外グループ各社がもつソリューションをCOVID-19対策向けに機能を拡充し、早期に北米、南米、欧州に展開していく。

 具体的には、everisが提供する遠隔医療ソリューション「ehCOS Remote health」でのCOVID-19軽症患者を対象としたモニタリング機能の強化や、NTT DATA Servicesの医療画像アーカイブソリューション「Unified Clinical Archive(UCA)」を活用したCOVID-19患者の医療画像を収集・蓄積する専用データベースの構築などを予定している。

 everisのehCOS Remote healthは、医療機関向けのクラウド型遠隔医療ソリューションで、現在、欧州・南米で事業展開している。今回、新たにCOVID-19に特化したセルフトリアージ機能やモニタリング機能、チャットボット機能、データ分析機能などを拡充し、提供していく。

 NTT DATA Servicesでは、診断後の医療画像をアーカイブするソリューションとしてUCAを1000以上の医療機関に提供している。NTTデータグループでは、UCAユーザー(医療機関)とともに、日本、米国、インド、スペインなどで、UCAが保管する大規模な医療画像データを活用した画像診断AIの研究開発を進めている。今回、COVID-19患者の医療画像をアーカイブする専用データベースを新たに用意し、MD.aiの協力を得てアノテーション(特定のデータに対して関連する情報を注釈として付与すること)を行った高品質なCOVID-19患者の医療画像データを格納し、研究者や医療従事者に無償提供する。

 NTTデータは、今後もこうしたCOVID-19に対応した医療機関向けのソリューションを随時拡充、提供していくことで医療関係者をサポートしていく方針。