NTTデータ(本間洋社長)は、データ管理の高度化に向けてデータ整備・データ分析活用業務のトータルでのサポートを可能とする新ブランド「Abler(エーブラー)」を5月20日に創設し、同日にサービスを開始した。

Ablerのコンセプトのデータ管理高度化概要

 NTTデータは、これまでもデータ活用ソリューションを提供することで多種多様なデータの経営資源化・業務活用を実現してきた。その取り組みのなかで蓄積してきたノウハウに加え、オントロジー/セマンティックなどの各種要素技術を活用し、データをナレッジグラフ化することでデータ民主化を目指す取り組みを開始した。

 今回、創設したAblerは「Able(・・が可能である)」の語尾に「r」をつけることで「Abler(可能にするもの・こと)」となり、このブランドを通してさまざまなデータ活用をNTTデータが可能にする・実現していくというメッセージを込めている。

 Ablerでは、データを「ためる、探す、見せる」といった従来の活用だけではなく、「わかる」までをサポートする。「わかる」とは、オントロジー/セマンティックなどの各種要素技術を組み合わせ、機械による人間と同程度のデータ解釈を可能にすること。これまで機械処理が難しかった折衝・履歴データといった自然文やSNS、音声といった非構造化データなどの積極的な活用の推進が期待できる。また、データ整備の一部を自動化し、データ利用までの時間を大幅に短縮する。これらにより、データ利用のための準備時間を大幅に削減しつつ、大量のデータを瞬時に利活用することが可能となる。

 今後、NTTデータは、社会や顧客のさまざまな制約からの解放を実現するため、Ablerを通して顧客ビジネスの変革と新たな価値創造を支援していく。また、顧客のニーズに対応し、サービスやソリューションラインアップを順次展開して幅広い業界にAblerを提供し、3年後までに売り上げを100億円規模に拡大することを目指す。