トヨタコネクティッド(友山茂樹社長)とNTTデータ(本間洋社長)は4月7日、トヨタ自動車がグローバルで展開するモビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)のさらなる機能・サービスの拡張、コネクティッドカー展開国拡大に向け、ソフトウェア開発力と運用体制の拡充を目的として4月1日に業務提携を開始したと発表した。

トヨタコネクティッドとNTTデータ協業概要図

 トヨタ自動車は、16年末に「コネクティッド戦略」を発表し、MaaSへの取り組みを加速するため、提供するすべてのクルマをコネクティッド化すると同時に、MaaS戦略を支える情報プラットフォームMSPFの展開を推進している。トヨタコネクティッドでは、そのMSPFの開発と、世界中で毎年、数百万台単位で増加するコネクティッドカーから収集されるビッグデータのクラウドセンター運用業務を日本・米国を中心に世界7地域で取り組んでいる。

 一方、NTTデータは世界50以上の国と地域で、デジタルを活用した新たな市場の創出、より質の高いサービスの提供に取り組んでいる。

 こうした取り組みを進めるなか、両社の中核であるモビリティサービス事業領域でのトヨタコネクティッド、NTTデータ双方が保有する強みを掛け合わせ、さらに強固なMSPFの開発と拡大する車両ビッグデータへの対応力と活用力の強化ができると考え、今回の業務提携となった。

 具体的には、トヨタコネクティッドが培ったコネクティッドカー向けサービス事業の経験や、国内外で展開するカーシェアなどのサービス開発・運用ノウハウと、NTTデータのグローバル規模でのITリソースや、クラウド・ビッグデータなどのテクノロジー活用ノウハウを掛け合わせると同時に、MSPFを始めとするモビリティサービス事業領域での共同開発と人材交流を通じてグローバルでの開発・運用力の強化と高度化を図る。

 また、中期的にはトヨタコネクティッドのもつ顧客接点と、NTTデータの流通・小売り・金融業界などの多業種にわたる顧客基盤を両社で相互に活用することで、スマートシティ構想も視野に入れたMSPFのサービス力強化と、グローバル規模でのさらなるプラットフォーム事業の拡大を推進し、両社連携によるシナジー効果の最大化を目指す。