NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)とNTT-ATテクノコミュニケーションズは6月11日、今後成長が見込まれるDX(デジタルトランスフォーメーション)関連ビジネスの強化・拡大に向け、「WinActor シナリオセンタ」を新設したと発表した。シナリオセンタの運営に際しては、アルファシステムズ、ジェイエスピー、ソーバルがシナリオセンタパートナーズとして参画し、連携しながら推進していく。

企業等の働き方改革・業務効率化に貢献する純国産RPAツール「WinActor」

 NTT-ATでは、すでに「自らのDX」としてRPAツール「WinActor」を活用した基幹システムのクラウド化(SAPS/4 HANA Cloud Multi-tenant-edition)を完了し、自社内で運用を開始している。また、ウェブ請求書発行システム「楽楽明細」や、物品管理クラウドサービス「Convi.BASE」と基幹システムをWinActorにより連携し、請求書発行業務や資産管理業務の効率化を実現した。WinActorシナリオの動作環境には、NutanixのHCI製品「NXシリーズ」と「WinActor Manager on Cloud」(クラウド型RPAサービス)で集中管理する仕組みを構築し、エンタープライズ環境でのWinActorの有効活用を証明するとともに、複数シナリオ管理の効率化・省スペース化を図るなど、DXの先進事例を実践してきた。

 今回、こうした「自らのDX」の知見をさらに生かし、DX支援ソリューションビジネスの強化・拡大に向け、協力各社とともに、顧客へ高度なWinActorシナリオを提供するWinActor シナリオセンタを新設した。

 同センタは、NTT-ATが定めた一定以上の高度シナリオ開発スキルを有する技術者で構成されており、システム間連携用、システム移行用、WinActor Cast on Call用シナリオなど、高度で質の高いエンタープライズ向けシナリオを開発・提供する。

 WinActorは、「現場フレンドリー」の思想のもと、誰もが使える、使いこなせる、使いやすいRPAを追求しており、現在、WinActor代理店を中心にさまざまな取り組みを展開している。今後、これらに加え、WinActorシナリオセンタから提供される高度シナリオにより、「情報システム(IT)部門フレンドリー」にもなるWinActorを活用することで、さらなる顧客のDX推進を支援していく方針。