一時期の熱狂的なブームが収束し、落ち着きを見せるようになったRPA市場。メリットばかりが強調されてきた中で、デメリットについても認識されるようになった。導入支援や運用保守などの関連サービスがそろってきており、導入を検討する企業はますます増加傾向にある。一方で、すでに導入済みの企業の中には、OCRやAI、API連携によって複数のシステムをまたいで業務プロセスを自動化するユースケースが増えている。もはやRPAは単純作業を繰り返すだけのツールではなく、部門やチームをつなぐ結合組織としての役割を担うようになったといえる。新たな局面に突入するRPA市場の動向をまとめる。(取材・文/銭 君毅)