ダイワボウ情報システム(DIS)は、東京海上日動火災保険(東京海上日動)とダイワボウライフサポートと連携し、Microsoft Azureのサービスにサイバーリスク補償「DIS Azureサイバーリスクサポート」を新たに標準サービスとして付帯し、6月23日に提供を開始した。


 現在、BCP対策やテレワーク推進、DX化などを目的として組織のICT環境をパブリッククラウド環境へリフト&シフトさせることが喫緊の課題となっているが、一方でクラウドプラットフォームで障害が発生した場合、広範囲にわたって損害がおよぶリスクがある。

 今回のDIS Azureサイバーリスクサポートでは、Azureをインフラストラクチャーとして利用しているシステムやサービスに障害が発生した場合に、Azureユーザーにかかる損害賠償金や各種費用を補償するほか、Azureを利用したシステムへの不正アクセスなどサイバー攻撃によって発生した損害・対応費用・原因調査・対策コンサルティング費用などを補償する。

 なお、すでにDISのMicrosoftクラウドソリューションプロバイダー(CSP)契約を通じてサービス提供している顧客にも追加料金なく今回のサイバーリスク補償を適用する。

 DISでは、このサービスを通じ、CSPとして全国約90拠点の営業体制と専用CSPサポート窓口により、地域の販売パートナーとユーザーが安心してAzureへクラウドシフトすることを支援していく考え。