都築電気は、DXサービス「D-VUE Service(デビューサービス)」の提供を6月29日に開始した。

サービスイメージ

 D-VUE Serviceは、同社が保有するAIや統計の知見に基づき、顧客のビジネス課題につながるデータ分析と、分析結果の「見える化」をワンストップで行うサービス。デジタル技術の活用(データ収集、分析、分析結果を踏まえたAIシステム導入)の全プロセスを提供し、課題の検討からシステム構築まで、一貫した対応が可能となっている。

 現在は、顧客への提案を見据えて同サービスを社内導入し、オフィスの三密対策をキーワードとしたカメラ、各種センサーなどのIoTデバイスを組み合わせ、データの収集・解析を通して、社員や来客者への安全ソリューションを実践するサービスを提供する予定。

 同社では、このサービスを通して顧客のデジタルトランスフォーメーションへの取り組みを支援するとともに、感染拡大防止と経済成長を両立する「ニューノーマル時代」に寄与していく考え。