TISは7月2日、顧客のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に向けた「アジャイルPMOサービス」の提供を開始すると発表した。

「アジャイルPMOサービス」のサービス構成イメージ

 アジャイルPMOサービスは、新たなデジタル技術やデータを活用し、サービスや業務、組織を変革して、サービス提供の迅速化、価値や効果の最大化、競争上の優位性を確立するために、企業全体にアジャイルの導入や定着を支援するサービス。

 同サービスでは、エンタープライズアジャイルの領域でトップシェアの大規模アジャイル開発フレームワーク「SAFe(Scaled Agile Framework)」を活用し、これにTISでの大規模開発の経験と「PMO支援サービス」のノウハウを融合することで、アジャイル開発の成功率の向上と企業の機敏性の改善をサポートする。

 なお、同サービスの提供にあたって、SAFeの提唱元である米Scaled Agile(SAI)とパートナーシップ(ブロンズパートナー)を取り交わした。今後、TISはSAIとの協業を通じて、21年度中にSAFeを取り扱うコンサルタントを増員してゴールドパートナーを取得する予定。

 TISでは、アジャイルPMOサービスを、アジャイルの導入で高品質なプロダクトやサービスを迅速に開発・提供したい企業を対象に展開し、年間20社以上への導入を目指す。