ソフトバンクは7月16日、大阪市とAIDOR共同体(構成:大阪産業局、i-RooBO Network Forum(iRooBO))と、5G関連ビジネスの創出に関する連携協定を結んだ。3者はこの協定に基づいて、企業が5Gの技術検証や体験を行える施設「5Gオープンラボ(仮称)」を、大阪市が設置する「ソフト産業プラザTEQS」内に開設する予定。

「ソフト産業プラザTEQS」内に開設する展示・体験ルームのイメージ

 今回の協定に基づいて開設する5Gオープンラボ(仮称)は、5G関連ビジネスの創出を支援する施設。「検証ラボ」と「展示・体験ルーム」から構成され、5Gを活用して製品・サービスの検証などが無償で行えるほか、5Gのデモンストレーションを体験することができる。また、5G関連ビジネスの創出を目的として、セミナーの実施や技術サポート、販路開拓などの支援も行う。

 これまでソフトバンクは、5Gの技術検証が可能なトライアル環境を提供する「5G×IoT Studio」の取り組みを通して、5GやIoTを活用したサービスの導入を検討している様々な企業と、新たな価値の共創を推進してきた。一方、大阪市でもテクノロジービジネスの創出に取り組んでおり、今回、双方の方向性が合致したため、共同で5Gオープンラボ(仮称)を開設することとなった。ソフトバンクでは、東京以外で初めて5Gのトライアル環境と展示・体験ルームを施設内に構築する。

 ソフトバンク、大阪市、AIDOR共同体の3者は、5Gオープンラボ(仮称)を通して、5Gの活用を検討する中小企業やスタートアップなどを支援するとともに、25年の大阪・関西万博を見据えながら、大阪での5Gを活用した新たな製品・サービスの創出を目指して取り組んでいく。