NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)は、設置工事不要で今すぐ使える遠隔管理型の発熱検知ソリューション「サーマルチェッククラウド」の提供を7月20日に開始した。

「サーマルチェッククラウド」の概要

 新型コロナウイルス感染症の拡大にともない、事業者はオフィスなどに出社する社員やオフィスへの来訪者の健康チェックや記録管理など環境変化への対応が早期に求められている。こうしたなか、NTTPCでは事業者が複数拠点の社員の健康チェックを無人・非接触で一括管理が可能で、クラウド上に画像を保管することで課題を解決する新たなIoTソリューションとして、サーマルチェッククラウドを提供する。

 サーマルチェッククラウドは、カメラに顔を近づけるだけで体表面温度を判定。指定温度以上の場合は管理者へ写真付きのメールで通知する。取得した情報は、セキュアなクラウド環境に保存し、管理者は情報を遠隔地からセキュアに閲覧できる。また、管理者は複数拠点の情報を一括管理することができる。

 マイクを内蔵しており管理者側と端末側、双方向での音声コミュニケーションが可能。モバイルSIM内蔵のオールインワン型のため、配線工事不要で簡単に設置できる。無人・非接触での対応が可能で、新型コロナウイルス対策にも適応する。

 税別価格は、初期費用が80万円から(カメラなど必要機器1セット)、月額料金がサービス利用料1セットあたり6980円から。