理経は9月29日、同社が提供しているモーションポートレートの「ARメイクシミュレーション」をファンケルが採用し、実店舗でサービスが開始されたと発表した。

ARメイクシミュレーション

 ファンケルでは、19年にタブレットを用いた接客の向上と、季刊誌と連動した季節メイクの販促を実現するために、モーションポートレートの写真(静止画)を利用した「メイクアップシミュレーション」を全国の店舗で採用していた。今回、銀座本店のリニューアルオープンにともない、店頭での集客促進のため、よりリアルなメイク体験ができるモーションポートレートのARメイクシミュレーションを採用した。ファンケルの自然派の色を再現できるソリューションであることと、費用対効果がサービス選定の決め手となった。

 ARメイクソリューションは、タブレットを用いて、メイクアップを試すことができるシミュレータ。独自の顔認識技術により顔の各パーツを正確に認識し、鏡の前でメイクアップを行っているようなリアリティの高いシミュレーションを実現する。シミュレータ上で簡単に何度でも試すことができるため、限られた時間のなかでバリエーション豊富な提案を行うことができる。

 また、幅広い客層を集客できるよう英語、中国語(簡体字、繋体字)にも対応しており、顧客のニーズに応じて、パーソナルカラー診断からその人にあったメイクを提案する、といった追加機能も搭載している。

 今後、理経では、コロナウイルスによる店舗での接客の影響を考慮し、スマートフォンアプリなどでのメイクアップシミュレーションの展開や、同社で取り扱いを行っている人体計測3dMDシステムデータをモーションポートレートの技術に融合したソリューションの提供も視野に入れ、化粧品業界に提案していく考え。