理経は9月9日、同社が開発する防災訓練用VR「Disaster Training VR Project」が、米Epic Gamesの開発資金提供プログラム「Epic MegaGrants」に採択され、受賞したと発表した。


 Epic Gamesは、同社が開発した3D制作プラットフォーム「Unreal Engine」を使用し、創造性のある革新的なコンテンツ制作に取り組む才能あるチームや、個人の活動を世界的に促進させるために、総額1億ドルの開発支援プログラム「Epic MegaGrants」を展開している。今回、理経が開発するDisaster Training VR Projectが、同プログラムに採択され、資金面を含めたサポートを受けることとなった。

 Disaster Training VR Projectは、17年から理経が開発を行っている防災訓練と消防訓練用のVRコンテンツ。近年、大地震や水災害の被害が多数発生するなかで効果的な防災訓練を目的に、VRを活用したこの取り組みを考案した。また、消防訓練用のVRコンテンツは、消防隊員の技能向上を目的とした内容であり、安全で効果的な訓練を可能にする。産学官の連携事業として、現在開発を進めている。

 理経では、Epic Gamesの支援を受けて、今後さらに付加価値の高いコンテンツを開発し、提供し続けていく方針。