オービックビジネスコンサルタント(OBC)は9月30日、「奉行クラウド」「OBCクラウドサービス」と網屋のクラウドVPNサービス「V-Client α」が連携を開始したと発表した。

連携の仕組み

 V-Client αは、自宅や外出先からクラウドに接続するためのリモートアクセス専用ソフトウェア。認証に必要な証明書はクラウド上の管理センターで一元管理。自宅や外出先から、クラウドに設置した社内ポータルや業務アプリ、クラウドサービスを安全に利用できる。

 OBCでは、奉行クラウドとOBCクラウドサービスを通じて、バックオフィス業務(経理・総務など)のテレワークを推進し、オフィスでも在宅でも変わらない生産性を最新のテクノロジーで支援している。今回、V-Client αと連携することで、クライアント証明書をインストールしたデバイスのみに奉行クラウドとOBCクラウドサービスでの利用を限定できる。これにより、テレワークの環境下でも高いセキュリティ保持が可能となり、安全・快適に業務を行える環境を構築できる。

 OBCは、今後も奉行クラウドとOBCクラウドサービスを活用することで、無理なく安全な環境でテレワークで経理(テレ経理)・テレワークで総務(テレ総務)ができるよう、すべての企業を全力で支援していく考え。